レストランの粋な図らい、定年退職のパーティープラン

レストランの粋な図らい、定年退職のパーティープラン

レストランの粋な図らいに、私も感動しました。

勤続40年の上司が定年退職をしました。大変お世話になった方で信頼できる上司だったので育ててもらった部下たちはとても淋しく感じています。

感謝の気持ちとお疲れ様でしたという思いを何とかして伝えたいと思っていました。最高の記念のスタートの日にしたいと定年退職のパーティーをすることになりました。事前に会場に行き、打ち合わせもしました。レストランの雰囲気も良くて、スタッフの方は親身になって相談に乗ってくれました。自分たちだけでなく、良いパーティーにしたいとレストラン側もとても協力的で嬉しい気持ちでした。

退職祝いをしたレストラン

綿密な計画を立てたので、とても素晴らしくアットホームなパーティーに皆の心が温まる思いでした。勤続40年はとてもはやかったと語ってる姿は、とても大きく強く自分の目にうつりました。嫌な仕事も自ら進んでこなしてきた上司でした。叱られることもありましたが、それは全て私たちのためだったと後から知りました。この上司にしっかりとついていこうとそう感じました。誰からも好かれる上司でしたので、自分の憧れの上司です。

勤続40年、いろんな壁にぶつかりながらも乗り越えてきた姿は偉大です。自分には、まだまだもっと頑張らなければとそう感じました。自分も上司のようにここまで頑張ることができるのかと不安になりますがいなくなった後も後退しないように頑張っていきたいです。いろんな経験を積んで、今の自分があると上司は言っていました。その言葉が胸にしみました。

退職祝いのケーキ

最後にレストランの粋な図らいで無事、務め上げた退職のお祝いにと入社した日の新聞記事を添えてケーキが運ばれてきました。聞いてなかったことなので、皆ビックリしていました。入社した日、大雨だったことを思い出した上司はこの日は会社まで着くのに大変だったんだと思いだして話していました。今までの辛かったこと楽しかったことが走馬灯のように蘇り、溢れ出る涙を拭いていました。当時の思い出が蘇ったとすごく喜ばれた出来事でした。上司が感動してくれて、記念の思い出に残る定年退職パーティーになりました。じっくりと計画することができて成功だったと感じています。

入社した日の新聞

無事、務め上げた退職のお祝いになり、感謝の気持ちが伝わった最高の日でした。サプライズには驚きましたが、レストランの粋な図らいのおかげで、上司が明日から素晴らしいスタートができると確信しています。